アイドリングストップ車のバッテリー交換

信号待ちの時等に自動でエンジンの停止・稼働が行なわれるアイドリングストップ車が増えてきましたが、普通のバッテリーと違う部分がありますので少し注意が必要です。

普段あまり車を乗らないから大丈夫と思っていても、アイドリングストップ車はエンジンの使用を頻繁に繰り返すという特色上、通常のバッテリーよりも劣化が早いと言われています。
目安として3年がバッテリーの交換時期となりますから、もし3年過ぎているようでしたら早めの交換がおすすめです。

3年経ったバッテリーを交換しなくても暫く問題はありませんが、その内にアイドリングストップをしなくなってしまったり、警告灯が点滅してしまいますし、何よりもアイドリングストップ車の特徴である燃費の良さが失われてしまいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top