ペダルの踏み間違いを防げ!

最近、高齢者によるペダルの踏み間違いで起こる悲しい事故が多くニュースでもよく取り上げられていて、メーカーや車によっては踏み間違い防止の装置が搭載されている場合もありますが、車の免許を持っている人には他人事ではありません。

踏み間違いをしないための対策を行う必要があり、アクセルを踏みすぎないよう、つま先の親指にペダルを当てて、指を動かさず足首で操作します。

ペダルが隠れるくらいまで足を乗せてしまうと、加速しすぎてしまいますので注意しましょう。

ブレーキはかかとを付けたまま踏むと間違いやすいので、指の付け根で踏むようにして、かかとを浮かし膝を使ってしっかりとブレーキをかけます。

正しいペダルの踏み方を運転前などに練習して、悲しい事故を未然に防ぎ、これからもドライブライフを楽しみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top