タイヤが変色する本当の理由とは?

新品を買った時は黒くて綺麗な状態だったのに、何度もドライブすることにより何故かタイヤの側面が汚れてしまったという経験のある方も多いかもしれませんが、何故タイヤが変色するのか知っていますか?

ゴム製品であるタイヤは硬化や経年劣化が起こりやすいので、あらかじめ老化防止剤がタイヤに含まれていて、その成分が表面に滲み出るとタイヤが茶色く変色するのだそうです。

この老化防止剤は、酸化やオゾン層によるタイヤの劣化を防ぐ役割もありますので、季節や保管場所によって変色の度合いが異なるということです。

ディスクブレーキのブレーキダストがタイヤに付着した場合にも、錆びて変色するそうですが、基本的にタイヤの変色を防ぐことはできませんので、市販の洗剤で磨くか黒色のタイヤに買い換えると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top