車のパンクにも種類があるの?

お盆休みに愛車でドライブを楽しもうと考えている方も多いかもしれませんが、パンクの見落としは危険ですから、安全な運転のためにも出発前にタイヤを確認しておきましょう。

タイヤがパンクする原因は複数あり、走行中に道端の釘が刺さったり、縁石などにぶつかったり、外部からのイタズラやタイヤ自体の劣化、空気圧の異常やホイールのリムが変形することによりパンクするのです。

釘によるパンクは、応急用のタイヤを搭載していればガソリンスタンドなどで交換や修理をしてもらえますし、パンク修理剤があるならタイヤの応急処置を行うことができるのです。

空気圧のチェックは普段からきちんを行うことによりパンクを回避することができますが、縁石などによりタイヤの側面を傷つけるのもパンクの原因になりますので、運転中に注意が必要ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top