車の死角を理解する

自動車には多くの死角があり、その死角が分かっていないと重大な事故を引き起こしてしまう可能性もあります。

視界を理解する為には、停車している車の周りにカラーコーンなどを置いてみて、運転席から周囲を眺めてみるのがお勧めです。
するとカラーコーンが見えない場所が出てくると思いますが、そこが車の死角となります。
運転席からどのカラーコーンが見えないのかを確認し、今度は外からカラーコーンの位置を確認してみるとそれだけでも大体の死角が分かると思います。

主に死角となって危険なのが車のサイドミラーに写らない範囲、そして車の2m程度の後ろの範囲も目視で確認出来ない部分があるので、特に曲がる時、駐車場でバックする時などはより注意して周囲の安全を確認しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top