ハンドルロックの原因と解消法

普段車はエンジンを切っている時でも多少ハンドルを動かす事が出来ますが、普段あまり意識しないとあることに気をつけないでエンジンを停めてしまうとハンドルロックがかかってしまいます。
ハンドルロックがかかってしまうとエンジンもかける事が出来ません。
このハンドルロックは本来盗難防止の為に車に備わっている機能で、優れた防犯機能なのですが、使い方を間違えてしまうとトラブルの原因になってしまいます。

キーがかからなくなってしまったり、ハンドルが動かない時は最初にこのハンドルロックを疑ってみましょう。
よく起こり得る状況が、例えば駐車した後にタイヤが曲がった状態でエンジンを切ってしまい、ハンドルを直そうとして動かしてしまうケースです。

万が一ハンドルロックがかかってしまった場合には、ハンドルを左右に回しながらエンジンキーを回しましょう。
この時のハンドルは普段よりもかなり重いので、力を入れて対処する必要があります。
近年増えてきているキーレスプッシュスタートタイプのお車なら、ハンドルロックがかかってしまっても普段通りにプッシュボタンを押せば簡単に解除されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top